Who's your target

オンラインアンケートの実施

ページ内リンク

 

概要

メリット

使用例

Understand your customer's needs and wants

「本当に商品の可能性があるのか、大金をつぎ込んで海外進出を行う前に、消費者/取引先候補の意見が聞きたい」「データだけの市場調査ではわからない、商品自体に関する反応が見たい」

 

そのような声にお応えするのが、弊社の提供するオンラインアンケートです。

 

調査に関しては下記の項目によって予算や期間が左右されます。

-商品(産業材/消費財かなど)

-対象(一般消費者/取引先候補など)

-内容(専門的/一般的など)

弊社によるオンラインアンケート実施

3大魅力

 

-ネイティブにとって分かり易い表現でのアンケートを作ることが出来る

 

-今までのアンケートの実施経験から、どのような形式、長さ、対象に行えばよいかのノウハウがある

 

-アンケート結果を日本語で分かり易くまとめ、質問内容とのクロス分析を行うことでより詳細な分析が可能

 

Online survey を用いるメリット、市場可能性の模索

 

それぞれの特徴によって異なりますが、

消費者向けの場合は下記のようなメリットがあります。

-販売前にどのような反応があるか分析出来る

-ブランドの認知に繋げることが出来る

-その結果を基に代理店候補へのアプローチが出来る

 

代理店候補に関しては、対象の会社規模や内容に左右される部分が大きいですが、商品を買ってくださいという前段階でアプローチが出いるということが最大のメリットとなります。

 

貴社製品にカスタマイズしたアンケートで、より具体的な市場可能性の調査を行うことが可能となります。

 

 

Example -使用例-

 
比較的新しいコンセプトの商品が米国で受け入れられるのか、好意的な人たちの特徴は何かを知るために、アメリカ人(対象の制限なし)に対して消費者アンケートを実施。好意的な人の数自体はあまり多くなく、ニッチな市場だったものの、年代や性別による大きな違いは見られませんでした。販路として適切な媒体がオンラインだと再確認し、より重点的にそちらに注力するようになりました。

ターゲットとなる人を分析、ターゲットへの認知度向上のための"道具"を選択、アプローチに使用

小規模の小売店にとって魅力的な商品かどうか、対象の人々がどこで商品を買うのかを調査するために、代理店候補へのアンケートを実施。弊社の市場調査結果を基に、ご依頼者様がターゲットとして設定された分類の小売店のリストを作成し、直接アンケートを行いました。商品開発の際の参考になる情報、商品が出来た際にアプローチするお客様情報などを収集しました。

米国市場に適した商品開発を行うために現状を調査、結果は今後のアプローチ用に蓄積

代理店候補へのアプローチが停滞し、価格が高いということから取り扱ってもらえない状況で、消費者に直接アンケート行うことでその価値を再分析、需要があるということを再確認。結果を基に代理店候補へのアプローチを行うことによって、"消費者の声"というメリットをお伝えすることが出来ました。また、ターゲットの使用頻度の高いSNS、オンラインでも購入する傾向が高いという結果を基に、SNSとAmazonを組み合わせた直接購入の場所を提供しました。

商品の良さを消費者の言葉によって再確認し、その後の戦略立てに使用